So-net無料ブログ作成

思い出の場所 [生活]

2000年、ワーキングホリデーで初めてニュジーランドに来た時、いろいろな人に出会い、いろいろな経験をしました。

縁があったのか、今は家族でニュジーランドにいます。

ワーキングホリデー時代の思い出の場所は、そこら中たくさんありますが、、、

ここ

ダウンタウンショッピングセンター
image.jpeg
パーネルの語学学校から、友達とシティに来るだけでも、大冒険だった。

シティに来ると、ここで皆で御飯食べて。外の景色見ながらおしゃべりして。


でも、皆、ホームステイだったから、夕飯前には解散。

あの頃は大きなバスターミナルから(ブリトマート駅がなかった!)、四方八方にバスが出ていて、自分のバスのバス停を見つけるのが大変だった。

Upper Queen Streetに、皆で通ったお気に入りの韓国料理店があって、そこから帰る日は、ここのビルの前でバスを待ってた。

image.jpeg


ショッピングセンターは、下に地下鉄をとおす工事が始まり、クローズになってしまいました。

バスを待ったビルは、解体され、新しいアパートが建つんだって。街のど真ん中。

私がホームステイしていた、お家。
何年か前に、ファームを買ってホストファーザーとマーザーはそちらに移り、この家は貸し出していました。
4人いる子供達も、結婚したり、家庭を持ったり、仕事で海外へ行ったりと、、、みなそれぞれ。


image.jpeg

この、玄関扉にあるステンドグラスが好きだった[ハートたち(複数ハート)]てママさんが言っていました。

ワーホリ初日、ここで子供達、ママさんに迎えられました。

image.jpeg

廊下のはじから「Tea time~!(ご飯よー)」とママがいつも声をかけていました。

image.jpeg

素材は贅沢にKauri(今は伐採が禁止されているNZのネイティブツリーです)です。

皆、学校に向う時間は同じだったから、朝は皆でバタバタ。していた広いダイニングルーム。

image.jpeg

先日、とうとう売りに出して、アッサリと売れてしまいました。

海外からのバイヤーで、このお家は移動させ、ここにタウンハウスを立てるらしい。

思い出の場所がなくなってしまうのは、少し寂しいけれど、楽しいあの時の思い出はそのまま。まだまだ思い出の場所、沢山あるしね。

16年も前の事だけれど、まるでついこの間の事のように思い出せます[わーい(嬉しい顔)]


nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。